脱毛サロンを予約して

長年にわたったコンプレックスを解消するときが、社会人になった今、ついにやってきたと言っても過言ではない。
私の頭の中では「どどーん」というBGMが流れているのだけれど、そこは脳内補完で対応しておきたいと思う。
本当のことを言うとすれば、私はこのことにずっと悩んでいて、昔から大勢で温泉旅行やプールに行ったりするのがイヤだったし、夏場もできるだけ肌を露出しないようにして過ごしてきた。
そのことが私の処世術だったわけだが、いい加減そんな風にして現実から目を背けることをやめようと思い立った結果が、脱毛サロンの予約という、新しい自分への第一歩であった。
それを後押ししたのは、長年の友人であって、私の決意を改めることになったのは、その友人の「もう大人なんだから、自分のお金で脱毛でも受けたらいいじゃん」という軽い一言であった。
多分そのことが、私にとっては非常に大きなカルチャーショックであったと思う。
本当の意味で、私はきっと生まれ変われる日はもっと先なのだろうが、いずれは新しい私を世間に知らしめることができる日を待っている。